「食う、寝る。」これは私たち人間が活きる上での基本です。AGAが気になってくる人たちは会社での仕事が忙しくてろくに食事の管理などしていないかもしれません。もはや「食べる時間がないよ・・・」なんて方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、私たちが活きる上で直接摂取する食べ物は非常に大切。頭皮に良い食べ物を摂取して薄毛の改善に役立てて欲しいところ。薄毛を改善すれば、髪だけではなく周りの信頼も生えてくる、厚くなる。

今回は、髪に良いと言われている成分、食べ物について科学的根拠に基づいて検証していきます。

薄毛に効く成分達はこいつらだ!

  • タンパク質、アミノ酸
  • ビタミン類
  • ミネラル(亜鉛など)

こいつらが薄毛に効果のある成分達で、俺らをハゲの恐怖から救ってくれる。思い出しましょう。あの周りにあざけり笑われているような視線、噂話に自分が出てきているんではないかという恐怖。。若はげに効く食べ物を摂取してこの恐怖から抜け出しましょうよ。

上に上げたのは健康に良いと言われてる有名な成分達ではありますし、これらが髪の毛にも良くしてくれるんですよ!

髪の毛の成分!タンパク質、アミノ酸

タンパク質はアミノ酸が繋がって出来ているもので、髪はケラチンというタンパク質から出来ています。このタンパク質はアミノ酸へと分解されて色々な種類のタンパク質と再合成されるので、タンパク質を取り込むことは髪の成分を取り入れることになるんです。

 

「タンパク質を取り込むこと=髪の成分を取り込むこと」

 

大事なので二回言いました。

ビタミン類を摂取して頭皮を健康に。

ビタミンの種類 髪への効果
ビタミンA 頭皮の乾燥を防ぐ
ビタミンB群 タンパク質の代謝を活性化
ビタミンC タンパク質を吸収させる
ビタミンE 血行促進効果

先ほどの薄毛の頼もしい味方、タンパク質のサポート役だったり、頭皮の状態を良くしておくということだったりにビタミンは役立ちます。

 

ドラクエで言うなら、賢者、魔法使いといった類いでしょうか。強力なサポート役です。

亜鉛などのミネラル

亜鉛が何故抜け毛、薄毛に効果があるのかというと、1つは髪の毛の成分であるケラチンの合成の役割を担うからです。亜鉛が不足すると、髪の毛が生成できないということです。もう一度言います。亜鉛が不足すると髪の毛が作られません。ここ大事、テストに出しますよ。

 

そして、亜鉛の重要なもう一つの働きが、5dリダクターゼ酵素という抜け毛の原因となる物質を抑制してくれること。この5dリダクターゼ酵素(以下5d)は抜け毛の原因となる糞野郎ですので、亜鉛は薄毛、抜け毛対策として効果的と言えます。

 

ただ、亜鉛って普段食事から摂取しませんよね?いつも亜鉛を意識して食べ物から取り入れていますって人いたら後で連絡してきてください。亜鉛を意識して取り入れることで育毛効果が得られますからね。

若はげに効く食べ物達。果物、大豆製品、ナッツが頭皮に効果ある?

フルーツ類は育毛効果あり?

毎日会社に行っていると果物を食べる習慣はあまり身につかないですよね?しかし、薄毛の人たちにこそ是非食べて、いや食べる習慣を付けて欲しいのがこのフルーツ達なんです。

  • リンゴ
  • グレープフルーツ
  • バナナ
  • キウイ

現在育毛効果があると言われているフルーツはこれらのものですが。ビタミンAやビタミンC・ビタミンEなど豊富にビタミンを摂取でき、ミネラルも取り入れることが出来るので、頭皮、髪には非常に良いです。

大豆製品

大豆には良質なタンパク質が豊富に含まれており、髪のことを考えると本当に良いです。先ほど、言ったようにタンパク質は髪の原料ですからね。

 

薄毛には、男性ホルモンが過剰に分泌されていることが原因の一つとして挙げられますが、大豆イソフラボンには男性ホルモンの過剰分泌を抑えて、バランスをとることも出来ます。

 

豆腐やおから、枝豆、豆乳、納豆などを毎日とってみましょう。髪がフサフサ生えてきますからね。

ナッツ類

ピーナッツを食べると、毛母細胞(髪の毛を成長させる細胞)を活性化させるといわれており、発毛に効果的です。

 

アーモンドには髪の主成分となるタンパク質と、亜鉛を多く含んでいます。亜鉛が不足すると髪の毛が生成されませんから薄毛の原因となってしまいます。

 

どちらもおやつ感覚で一日一回摂取する程度でかまわないのだとか。

ワカメ

ワカメを食べると髪の毛が増えるって聞いたことありません?確かに、なんか髪の毛っぽいですからね。そういうイメージはありますよね。海藻系が髪に良いと言われているんです。

 

なぜならミネラルが豊富に含まれているからです。

 

ミネラルを摂取することで髪の毛がみずみずしくなりますが、髪の毛を作る効果がある酵素の働きを助ける力もあるんです。

 

”ワカメを食べると、髪が増える”ということ。案外本当なんですよ。

乳製品

乳製品には、カルシウムやタンパク質、ビタミンが多く含まれており、特にカルシウムは髪に必要なミネラルですので、髪の毛を作ることを助けてくれます。

お肉を食べるとはげる?

結論から言いましょう。肉を食べてもはげません。

 

肉に含まれるタンパク質は髪の毛の主成分の他、筋力を維持するにも必要な栄養素です。肉を食べると薄毛になるなんていうのはただの都市伝説です。口さけ女や人面犬と同じくらい信憑性がありません。

 

タンパク質から髪が出来ているわけですから、タンパク質が不足すると髪質の低下や抜け毛を真似ていてしまうのは当然です。ただ、肉を食べ過ぎてしまうことによる弊害として体重や体脂肪率が増加してしまいますから、食べ過ぎには注意しましょう。

こんな食べ物は薄毛の主要因AGAに悪影響!

飲み過ぎてしまうアルコール

アルコールは適度に飲めば何の問題もありませんが、飲み過ぎてしまうとAGAに繋がる可能性があります。

 

アルコールを摂取すると、アルコール分解のためにアミノ酸を使用してしまうので、髪の生成に役立つアミノ酸が減ってしまうことでAGAに繋がってしまうと言われているんです。

糖分取り過ぎはNG

糖分を多くカラダに取り入れ過ぎると、髪を生やすのに必要な亜鉛やビタミンBが糖分を消化するのに使われてしまいますからその結果頭皮の環境が悪くなったり髪が作られなくなったりしてしまいます。

若はげ、薄毛に悩むならまずは食事の改善から

食事を改善することで頭皮の状態が良くなったり、髪を生やすサポートとなる成分を摂取する事が出来ます。

 

しかし、食べ物だけでは若はげ、薄毛の状態を完全に治療すると言うことは難しいです。

 

私は育毛剤をオススメしています。まずは、頭皮や体の状態を正常にすることにより、育毛剤の効能を上げることが出来るんです。

 

私はボストン育毛剤というものを推しています。

 

ただ、まずは健康的な食事から気をつけていくようにしてくださいね!^^千里の道も一歩から。頑張っていきましょう!