男性は家の家系を考えて「うちの親父ははげてるからな・・・」と心配すること多いですよね?

ただ、遺伝で髪の毛の量が決まってしまうのってあんまりじゃないですか?^^;今回は、男性が薄毛、若はげになってしまう原因を解明していきます。頭皮の状態を良くしたいのならまずは敵を知ることから始めましょう。

 

さて、医学的に薄毛になってしまう原因は100パーセント分かっているわけではないですが、現在濃厚だと言われている説はあります。それが下の説達。

  • 遺伝
  • 男性ホルモン
  • 頭皮の血流
  • 生活習慣

ただ、どの原因で薄毛になってしまったのか分かったとしても僕ら素人には対策のしようがありません。ですから、薄毛治療の専門家に見て貰った方がいいですよね?

 

リーブ21やアデランスなどのヘアサロンでも無料診断して貰えますが、実際の病院で見て貰った方が治る可能性は絶対に高いです。下のサイトのように医師に治療して貰えるところを探した方が良いでしょう。

4957

遺伝

薄毛の原因は遺伝がかなりの確率で影響していると言われています。何に影響しているのか?遺伝は、ジヒドロテストステロンというハゲの原因となってしまう物質の生成に影響するんです。

 

「マジかよ!神も仏もいたもんじゃねえ!」と思うかもしれませんが、これがハゲ遺伝説の理由なんです。

 

因みに、遺伝は通常はおおむね5代前まで、最大7代前までを考慮の対象とします。つまり、祖父母まで髪の毛が生えていても一応心配する必要はあると言うことなんですね。所詮僕らは遺伝子の乗り物なんでしょうか・・・

男性ホルモン

男性ホルモンがはげる原因というのは医学的にかなり信憑性が高いとされています。だって、はげるのって基本男性じゃないですか?やっぱりホルモンの差って大きいんですよ。

 

男性ホルモンの一種であるテストステロンは筋肉や骨格、毛を成長させる男らしさのもとのようなホルモンなんですが、こいつが5dリダクターゼと言う物質と結びついたときに生成されるのがジヒドロテストステロンです。

 

ジヒドロテストステロンは毛母細胞の働きを低下させますので、薄毛と関係の大きいホルモンと言われています。

 

要するに、この糞野郎のせいで薄毛、若はげになってしまうんです。

 

対処方としては手軽のものでBOSTON育毛剤のような効果のある育毛剤を使用すること。あとは↓サイトのような病院に行って診て貰うことでしょう。

4957

そして、忘れてはならないのが食事。AGA対策は日々の食事から成り立っていますし、毛の健康の根幹となるのが食べ物です。もしかして頭皮にヤバイ影響のある食べ物を摂取していませんよね?

薄毛対策に食べたい食べ物はこちら!AGA対策は食事から。

頭皮の血流

血流が悪いから薄毛になることもあり得ます。血液が髪に栄養を運んでくれるからです。

 

頭皮には多くの毛細血管が存在していますが、血液はその通り道を通ることで、髪に栄養を与えてくれるんです。

 

髪の毛は毛母細胞が細胞分裂することで、生成されますが、血行不良で毛母細胞に栄養が行かなくなってしまうと細胞分裂出来なくなってしまいますので、髪の毛が生えたり伸びたりしなくなってしまいます。

 

ジヒドロテストステロンという糞野郎がいなくても血液によって栄養が運ばれなくなってしまったら薄毛になってしまうんです。なかなか世知辛いですよね。。

生活習慣

頭皮の健康状態には生活習慣が大きく影響します。

薄毛対策に食べたい食べ物はこちら!AGA対策は食事から。

こちらの記事で頭皮の薄毛対策に効く食べ物をまとめていますが、睡眠も大切です。何故睡眠不足になるとはげてしまうのでしょうか?

成長ホルモン減少

髪の毛を成長させる成長ホルモンは寝ているときに分泌されると言われており、睡眠不足が続くとこの成長ホルモンが分泌されにくくなりますので、髪の毛が健康的に成長することが難しくなってしまうんです。

ストレスにつながる

睡眠不足が続くと脳がストレスを感じてしまいます。たまになら問題はありませんが、毎日のように続くと慢性的なストレス状態になり、血流が悪くなってしまいます。

 

栄養は血液によって運ばれますから、血流が悪くなると髪の毛に栄養が行き渡りにくくなりAGAに繋がってしまうというわけです。

 

たばこも薄毛の原因になるとよく言われていますが、たばこは血流が悪くなってしまって抜け毛が進行してしまう可能性があります。絶対やめるようにしましょう。大切な毛達がいなくなってしまいますよ!

 

健康状態は頭皮の健康状態にも比例しますので、薄毛を克服したいなら注意しなければなりません。