ドライヤーの熱は頭皮に良くないから俺はドライヤー使わないよ」なんて言う人いますよね。ただ、ドライヤーを使わないことが薄毛の原因になってしまうことが良くあります。

髪を自然乾燥させるのはダメ?

ドライヤーの熱で髪や頭皮を傷めてしまうから私は自然乾燥している!なんて話聞いたことありません?まずはドライヤーで髪を乾かさないことが何故いけないのか考えてみましょう。

血行不良

頭皮は多くの毛細血管があるので熱を放出しやすいです。特に冬場は髪が濡れていると体全体が冷えやすくなってしまいます。そして、髪に栄養を運ぶのは毛細血管ですので、冷えが原因で引き起こされる血行不良で薄毛になってしまう可能性があります。

薄毛の原因を徹底解明!遺伝が主な理由なんてあまりに残酷だ!

抜け毛、薄毛の原因については上の記事に書いてあります。

髪が傷む

髪は長時間水にさらされると水分を含んで膨らんでしまい、傷つきやすくなってしまいます。紛れもなく抜け毛の原因ですよね。

頭に雑菌が繁殖する

髪の毛自然乾燥のままにしておくとを自然乾燥させると頭皮に菌が繁殖してしまいます。

 

シャンプーで髪を洗った後の自然乾燥は皮脂の洗い残しやトリートメントを洗い残した状態ですので、頭皮に残った雑菌が皮脂やトリートメントをえさにして繁殖・・・

 

雑菌が繁殖すると髪の匂いやかゆみに繋がり薄毛の原因になります。

 

さて、ではドライヤーをどのように使って髪を乾かせば良いのでしょう?抜け毛が進むのは辛い。。

風呂上がりドライヤーをどう使う?

タオルでしっかり水分をとる

シャンプーが終わってドライヤーを使う時タオルで髪の水分をしっかりとるようにします。そうすると髪が乾くのが早くなり、ドライヤーを使う時間短縮になります。

 

またタオルで髪を激しくこすらないようにしなくてはなりません。激しくこすると摩擦が起こって髪が傷んでしまいます。水分を吸収させるようにタオルを使いましょう。

ドライヤーは最初は頭皮を乾かすようにする

ドライヤーは頭皮、髪の生え際から乾かすようにしましょう。指で髪の中側にドライヤーの風が当たるようにすると、髪の外側もちょうど良く乾いてきます。

一カ所に長くドライヤーを当てない

髪の根元が乾いたら全体にドライヤーの風を当てますが、一点集中してしまうと頭皮に残る水分が高温になってしまいます。すると、頭皮や髪が傷つく原因となってしまうんです。さらに、ドライヤーは15cm以上間隔を空けるようにしましょう。ドライヤーから出る熱風は非常に高温で、頭皮に触れると火傷の可能性があります。

短髪の方はタオルで水分を拭き取るだけ良い

どんな男性でもドライヤーを使わなければいけないのか?と言われたらそんなことはありません。短髪の方でタオルで十分水分を拭き取れるという方はドライヤーを使う必要はないですのでタオルで水分をとりましょう。

薄毛対策を風呂上がりのドライヤーでやることについてまとめ

ドライヤーを使うと頭皮が傷んでしまうと言うのは、頭皮に残る水分が高温になってしまうからでしたね。ですが、雑菌が繁殖したり、頭から体全体が冷えてしまうことを考えるとドライヤーを正しく使った方が絶対良いです。正しいケアで、我らの髪の毛と頭皮を守りましょう!