お酒を飲むとはげるって噂を聞いたんですけど、あまり聞かない話ですよね。「オナニーするとはげる」って噂ほどには巷に出回っていない感覚ではありますが・・・仕事が終わった後のビールを楽しみにしている我々にとってはたまったもんじゃないですよね。

 

ただ、この噂ってある意味本当でもあるんですよ。目いっぱいお酒を楽しむために知っておきたい髪の毛とアルコールの関係について解説していきましょう。

アルコールが栄養素の吸収を阻害し、髪に栄養がいかない

アルコールを摂取した結果、肝臓に負担がかかってしまいます。

 

肝臓はアルコールを分解するだけではなく、タンパク質の合成を行う臓器でもあるんです。

 

髪の99パーセントはタンパク質でできていますから、過度に飲酒してしまうとアルコール分解ばかりに肝臓が働いてしまってタンパク質の合成ができなくなってしまいます。

アルコール分解に栄養が使われてしまう

アルコールを分解する時に体では多くの栄養を使います。

 

ビタミンとアミノ酸などがアルコール分解の時に使われる栄養素です。アミノ酸はタンパク質を構成する物質ですから、飲酒しすぎると髪の毛の成分がアルコール分解に使われてしまって髪の毛が生成されなくなってしまうんです。

アセトアルデヒドの増加

アルコールが肝臓で分解されるときにアセトアルデヒドという物質が作られます。このアセトアルデヒドは肝臓の働きによって無害な酢酸に変わると言われていますが、肝臓の働きが間に合わなくなってしまうと体内を循環してしまいます。

 

そして、このアセトアルデヒドはAGAの原因、全男性の大敵であるDHT(ジヒドロテストステロン)を増やす働きがあるんです。

 

ですから、大量飲酒は薄毛に大きく影響を与えてしまうんです。

睡眠の質が落ちる

お酒を飲みすぎるとすぐに眠ってしまいますが、眠りが浅くなってしまいますよね?

 

アセトアルデヒドには深い眠りを阻害する働きがあり、8時間寝ても疲れが取れないなどの原因となっているわけです。

 

睡眠は髪を伸ばすのに必要な成長ホルモンを分泌させるために大切ですので、睡眠が浅くなると髪の毛があまり成長できず毛が薄くなってしまうんです。

アルコールには糖質が多く含まれている

お酒ってべたべたしますよね?ほら、ビールがこぼれた時とか本当にべたつきます。あれはビールに含まれている糖質なんです。

 

糖質というのは、体のエネルギーになりますが、エネルギーとして使われなかったものは脂肪に変換されます。そして糖質は非常に脂肪になりやすい。ダイエットで有名なライザップなんかは糖質制限を徹底することで有名ですよね。そのために食事の写真をとってトレーナーに送ることなんかもありますし。

 

糖質をとりすぎて体脂肪の量が増えると、血行が悪くなることにつながりますし(だから太っている人は脳卒中や心臓病にかかりやすい)その結果頭皮に栄養がいきづらくなるので、頭皮に余計な油分がたまったりして薄毛につながってしまうんです。

 

さらに、お酒を飲むと炭水化物をめちゃくちゃ食べたくなりませんか?しめのラーメンとか最高ですよね。

 

しかし、炭水化物には多くの糖質が含まれていますから、脂肪がたまりやすくなる。

 

要するに、お酒と炭水化物のダブルで糖質をとってしまうので、太ってしまい、血行が悪くなり、頭皮にも悪影響を及ぼしてしまうんです。

 

よくいる”中年のお腹が出ているハゲのおっさん”みたいになってしまうんですよ。

お酒を飲みすぎるとハゲやすくなることは間違いない

お酒を飲みすぎると薄毛、抜け毛の原因となることがわかりました。

 

気にしなくてはならないのはお酒を飲む量だということで、厚生労働省は、純アルコールで一日20g程度ならば適度な飲酒ということにしています。

 

これはビールだと中瓶一本程度で、これくらいなら飲んでもOKというわけみたいですね。↓に厚生労働省のHPに書いてありました。

http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b5.html

 

まとめとしては、適量までの飲酒量ならハゲとは全く関係ないですが、飲みすぎると薄毛、抜け毛に大きく関係してしまうということです。

 

次のハゲに関する噂調査はこちら。

ホームレスにハゲは少ない?不潔にしていたらハゲないってマジ?