筋トレをするとハゲるという噂はなぜ?

なぜこんなうわさが出てしまうのか・・・

 

まず、ハゲ、薄毛のAGAの原因が男性ホルモンにあることは有名な事実です。

 

筋トレによって、男性ホルモンの分泌量が増加するから、AGAの原因をたくさん作るような筋トレはハゲの要因の一つだ!という理論なわけですね。

 

なるほど、話の筋は通っているように感じますし、男性ホルモンがハゲの原因ってことを聞くと、確かに男性ホルモンを増やす筋トレはやめたほうがいいように思えますよね。

 

ただ、この若ハゲやAGAの原因が男性ホルモンというのはちょっと違うんですよ。ポイントは、筋トレをすることで増える男性ホルモンはテストステロンということです。

AGAってどうなって起こる?

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンによってヘアサイクルが乱れてしまうことで抜け毛が増えてしまい、しかも弱々しい髪しか生えてこなくなってしまうことです。

 

ジヒドロテストステロンはテストステロンが変化したもので、テストステロンが5αリダクターゼと結合しジヒドロテストステロンになってAGAの原因となるんです。

 

カタカナばかりで読みづらいかもしれませんが・・・

 

ただ、「テストステロンがなければ結局AGAの原因であるジヒドロテストステロンもできないやんけ!」

 

という指摘は的を得ているように思えますよね。

筋トレをすることでAGAが進行することにはならない?

ジヒドロテストステロンという物質は、5αリダクターゼとテストステロンが結びついた結果変化したものです。ですから、5αリダクターゼの量が少ない人は、DHT(ジヒドロテストステロン)が増加することはないんですよ。

 

そして、筋肉増強のためにテストステロンが使用されますからAGAが進行することはないと言えます。さらに、短時間の運動後はテストステロンが増えますが、筋肉増強につながる運動後では血中のテストステロンは減少する傾向にあるようです。

 

ですから、AGAにビビって筋トレしないのはなんだかなぁ・・・と思います。

筋トレで間接的に薄毛を治すことができるらしい!

何故筋トレが薄毛を治すことにつながるかというと・・・

血行が良くなるから

 

体を鍛えることで血行が良くなって髪の毛に栄養を送られやすくなります。髪の毛に栄養がしっかりと送られると髪が太くなったり頭皮状況が改善したりしますからね。体を鍛えることではげにくくなるんです。

 

運動をしなくなると、筋肉も落ちますし、代謝も落ちて太りやすい体になってしまいますよね。

 

それに周りを見てみると太っている人のほうが薄毛の人が多くありませんか?

 

”腹の出たはげたおっさん”って結構いると思うんですよ。これだとAGAにビビって筋トレを避けてしまう理由にならないですよね。。

 

かっこ良くて、健康的な体になるためには筋トレしてしっかりとタンパク質を摂取して行くことが必要です。現代技術のせいでたるんだ体をしっかり鍛えて男らしくなりましょう!

 

次のハゲる噂はこちらです。興味がある方は是非。

オナニーするとハゲる?射精すると薄毛になるなら人類全員薄毛説