社会人になって就職すると、特に新しい人間関係に悩まされることが多くなるかもしれません。

 

「大人になってもいじめなんて・・・」と思うかもしれませんが、世界に戦争があるように人間は動物の一種ですから争うことをやめようとしないのかもしれません。

 

ただ、向こうは若はげを構ってふざけているだけかもしれないですが、こちらは死ぬほど嫌な気持ちになる場合だってありますよね。仕事の内容を考える余裕がなくなってしまいますよね。

ハゲでいじめやからかわれたら出来ること

ハゲでいじめられたり、不当な差別を受けてしまった場合に出来る対処があります。

やり返すのはやめておく

若はげが原因で差別を受けてしまったらからかってきた相手のことをどうしようもなく憎む人もいるでしょう。しかし、こちらも悪いと言われる理由を自ら作ってしまうのはよくありません。

 

社会的なケンカで勝てるように対処の方法を選びましょう。

職場でのいじめ内容を記録する

周囲にいじめ、パワハラをを理解して貰うには、内容を記録しておくことが有効です。今ではスマホで簡単に録音できますし、これらの証拠を持っておけば、相談窓口に相談することが出来ますし、あまり信用できないなら、外部にも相談を聞いてもらえるところがあります。

 

都道府県労働局の総合労働相談コーナーというものがあり、これは匿名でも受け付けてくれますし、もっとしかるべき処置をとって欲しいなら、弁護士に相談することも出来ます。

 

絶対に泣き寝入りしてはいけません。鬱になって死にそうになったり、会社を辞めてしまうようになったりしてもあなたが損するだけです。

 

パワハラは証拠を出して、業務上耐えられる限度を超えていたと証拠立てる必要がありますから、どんなことをされたか記録しておいた方が良いです。スマホでさくっと録音できますからね。

労働局に駆け込む

先ほども言いましたが、労働局に駆け込んでみるのはパワハラ、いじめの解決に直接つながります。

 

労働局は各都道府県に一つは位置されており、パワハラなどの職場環境に関する問題解決にも取り組んでくれます。精神障害を発病したら労災が認定されるケースもありますので、労働基準監督署にいってみてください。

 

人生は一度きりですが、糞みたいな人間と一緒に働いて何十年もゴミみたいな気持ちで過ごしてそれで死んで満足ですか?

若はげ、薄毛が原因でパワハラ、維持を受けたら・・・

上司や同僚にやり返すのはやめておき、いじめを記録し、労働局に相談に行ってみましょう。

 

ポジティブに芸人のように若はげのことをいじられて「この立場は美味しい!」と思って、トレンディエンジェルさんのように笑いに変えていくことができる人もいるでしょう。

 

ただ、多くの人はそうではないです。見た目をいじられて、好きで入った職場でも精神的に病んでしまうなんてもったいないですから、時間はかかりますが、はげを治したいならBOSTONのような育毛剤で自宅で育毛していくことをオススメいたします。

 

高いお金を払ってでも絶対に生やしたいならAGAクリニックで医者に診て貰うのもいいでしょう。