朝シャンがはげるって聞いたことありませんか?

 

とはいえ、朝起きた髪の毛ボンバーのままで出勤するわけにはいかないし、朝シャンプーするとシャキッとするし・・・

 

と言う理由で朝に髪の毛を洗う人が多いと思います。

 

でもこれって薄毛の原因になるって噂があるんですよ。今回はそんな眉唾(?)の噂を解明していきますよ~!

朝シャンは何故薄毛の原因と言われるのか

すすぎができないまま洗い残しを生じさせがち

朝起きて家を出る時って急いでいますよね。

 

本当に5分でも時間が惜しいっていう感じ。そうなると当然ゆったりとシャンプーをする時間もないですし、すすぎをしっかりとしないままでは頭皮にシャンプーが残ってしまって炎症を起こす原因になります。

 

これが薄毛の原因と言われる理由の一つです。

髪を濡れたまま放置

朝は時間に余裕がないので、髪を乾かす時間がほとんどとれず、仕方なく自然乾燥になってしまう人も多いでしょう。

 

しかし、そんな状態で髪の毛を放置してしまうと頭皮が蒸れたままになるので細菌が繁殖してしまいます。

 

その結果キツいニオイや頭皮トラブルを招いて頭皮の環境が悪化するのです。

 

頭皮を濡らしたままにするのは若はげや薄毛に繋がりますよ!

 

髪に必要な皮脂まで洗い流してしまう

朝シャンプーをすると夜から朝までの皮脂を洗い流すことになります。

 

これって良いことに思えますよね??頭皮の皮脂を取り除けばそれだけ頭もすかっとしますし、爽快な気分になれそうなものです。

 

しかし、この皮脂が紫外線などのダメージから頭皮を守ってくれるんです。一説によるとタモリさんは、皮脂を洗い流しすぎないようにシャンプーを使わないほどだとか。

 

このように、皮脂を取り除きすぎることにも薄毛の問題はあるんです。

朝だけシャンプーはやめておけ

夜に返ってきてそのままベッドにばたんきゅー・・・

 

なんて人、現代日本においては特に多そうですよね。しかし、朝だけにシャンプーを浴びる習慣は薄毛、抜け毛の要因になるかも?!

 

というのも、一日を過ごした状態で夜に頭皮を放置して眠りにつくと細菌が繁殖してしまいます。

 

髪は夜に寝ている間に成長しますが、細菌が成長期にある髪が伸びるのを邪魔してしまうんです。

 

髪の毛にダメージがあるままに夜眠って細菌がうじゃうじゃになってしまう・・・

 

朝だけシャンプーするのはこんな危険が潜んでいたんですね!

髪をダメージから守るには?

紫外線が強い時期、特に夏は帽子をかぶってみましょう。ワンピのルフィははげていませんが、彼のように麦わら帽子をかぶってみることはオススメです。

 

反対に、頭が蒸れる帽子は抜け毛の原因ですからやめておきましょう。

 

麦わらなら紫外線のダメージを受けにくいですし、髪が抜けることになりませんからね。

結局朝シャンしちゃダメ・・・?

朝シャンすることがAGAに繋がるわけではないですが、人によっては頭皮、髪の毛にダメージを与えることがあります。

 

汗っかきの人でなければ夜に一度シャンプーをするだけで十分でしょう。