切れ毛が実は髪の抜け毛の前兆だったなんて驚きではないでしょうか。

 

第一男性だと毛が切れても気づかない人も多いですよね。

 

切れ毛って、毛髪の表面を覆っている部分(キューティクル)が髪を守れなくなっているので毛が切れてしまうんです。

 

いったん毛が切れてしまうと髪の内部の水分が失われてしまい乾燥した髪の毛は切れやすくなってしまいどんどん切れ毛が触れてしまうんです。

切れ毛の原因って?

ダイエット

ダイエットのやり方を間違えると体重が落ちても肌が悪くなってしまったり、髪の調子も悪くなったりします。

 

特に食べずに体重を落とすことが極端になってしまうと必要な栄養が体に供給されていないので、ダメージが体にかかってしまいます。

 

髪の毛にも栄養がいかなくなってしまうのでビタミン、タンパク質が不足し髪がどんどん細くなってしまうんです。

 

結果、切れ毛、抜け毛につながってしまいます。

 

ダイエットをするなら、筋トレをしつつ、糖質制限を行いましょう。これは、ライザップ式ダイエットですが、糖質(ご飯やパンなどの炭水化物や甘いもの)を抑えてジムでウェイトを使ってトレーニングをするということです。

 

こうすれば、全身の血行は良くなりますし、何より綺麗に痩せることが出来ます。

女性ホルモンの減少

女性ホルモンは実は男性である我々の体にもあるんです。

 

勿論女性の方が女性ホルモンは多いですが、女性ホルモンの分泌が悪くなると切れ毛を起こします。

 

女性ホルモンの分泌が少なくなっていくと髪が弱くなりますし、女性ホルモンは髪を育てるんです。

 

頭部は特に女性ホルモンの影響を受けやすく、男性が頭頂部を中心に抜け毛に悩まされるのはこういった背景があるわけですね。

 

睡眠時間がばらばらだったり、食生活が偏ったりしているとホルモンバランスが乱れて抜け毛や切れ毛を引き起こしたり髪質に大きな影響を及ぼしたりします。

 

ホルモンバランスを整えたり、切れ毛を予防したりするためにも毎日の生活に目を向けてみましょう。

 

夜の10時から2時は睡眠のゴールデンタイムで、髪や体の調子を整えるのに絶好の時間と言われています。

紫外線

紫外線を浴びると髪の毛の主成分であるタンパク質に影響を及ぼしますし、キューティクルが破壊されてしまうので、切れ毛に繋がります。

 

紫外線は他にもメラニン色素を分解する働きがあり、メラニン色素がなくなると髪の色が茶色っぽく変わります。

 

日傘や帽子などを利用すると簡単に紫外線の量を減らすことができますのでオススメですよ!

静電気

静電気は髪にかなりのダメージを与えますし、その結果キューティクルを傷つけてしまい切れ毛に繋がるケースが多いです。

 

静電気のせいで毛根から髪が抜けてしまうと抜け毛になりますしね。

 

そのえため、静電気は抜け毛が増えて薄毛になってしまう可能性もあります。

 

髪が乾燥したり、部屋の湿度が低すぎたりすると静電気が発生してしまいますから気をつけるようにしてくださいね。

切れ毛の予防方法とは?

部屋の湿度を上げる

加湿器を使って部屋を少し湿っぽくしてみましょう。

 

観葉植物を置くことで室内の湿度を下げることもオススメの方法の一つです。

 

ただ、水に濡れた髪は傷つきやすいですので、そこだけは気をつけるようにしてくださいね♪

切れ毛は抜け毛につながる!

髪の毛が乾燥していたり、頭皮の血行不良、栄養が髪にいかなくなるなどして髪のキューティクルがはがれてしまうと髪の毛の栄養や水分が出て行き、女性ホルモンの減少などで髪の毛が弱くなってしまうので髪が切れます。

 

  • 頭皮の乾燥
  • 頭皮の栄養不足
  • 頭皮の血行不良

 

って抜け毛の原因ばかりじゃないでしょうか??

 

無理なダイエットをしてしまうと食事のバランスが悪くなって女性ホルモンが減ってしまうので抜け毛も増えてしまいますよ!